住居と審査の関係について

カードローンの審査ではいろいろな点が考慮されるということはご存知の人も多いと思います。カードローンの際にいろんな項目を記入することになりますが、住居や居住年数の記入があると思います。

 

これらは審査に何か影響するものなのかという疑問をもっている人もいると思います。

結論から言うと、カードローンの審査に住居や居住年数は多少影響する程度と考えて良いと思います。まず、住居ですが持ち家か賃貸かということが多少影響します。

持ち家の方が賃貸よりもお金を払えなくなって逃げられる可能性が低いということで、若干評価が高くなると言われています。また居住年数も同じところに長く住んでいる場合、若干評価が高くなるようです。

基準としては1年以上住んでいるかどうかというのを基準とするところが多いようで、3年以上住んでいると長く住んでいると判断されるようです。逆に居住年数が短く、引っ越しを転々としているという人は、お金が返せなくなったときに引っ越しをして逃げられるのではないかということで、評価が若干下がるようです。

しかし、この住居や居住年数だけが理由で審査に通らなくなってしまうということはないと思います。あるとすれば利用限度額が多少下がることがあるくらいではないでしょうか。

しかし、住居や居住年数も審査の際には多少参考されるということは、これからカードローンを利用するのであれば、知っておいても良いでしょう。