属性をごまかすとどうなるのか

カードローンの申し込みを行うと審査に通るかどうか不安になると思います。審査では申し込みの際に記入する年収や職業などの属性をチェックされて審査が行われることになります。

年収が低かったり、他社から既に借り入れがあるという人など審査に通る自信がないという人のなかには、その属性をごまかすことはできないだろうかと考える人もひょっとするといるかもしれません。

カードローンの審査で属性をごまかすと、ほとんどのケースでばれてしまうことになるので、絶対にやめておくべきです。特に他社から借り入れしている場合、借り入れ件数や借入額をごまかそうとすると確実にばれてしまいます。

カードローンの審査を行う際に、業者は個人信用情報というものを確認して審査を行います。その個人信用情報には申込者のこれまでの借り入れ状況などが全て記載されているのです。

よって、他社から借りていることなんてばれるはずがないだろうと思ってごまかそうとしても必ずばれてしまうのです。もしごまかしているのがばれてしまったら、本当のことを申告していたら審査に通っていた場合であっても、必ず審査に落ちてしまいます。

業者側からすれば、お金を貸すかどうかという時に借りる人が嘘をつく人であるということが分かれば、そんな信頼することが出来ない人にお金は貸せませんよね。業者はこれまで数え切れないほどの審査を行ってきていて、そういった嘘の申告を見破るプロであるということを頭にいれておきましょう。