カードローン審査は属性だけで判断されるのか

現在、カードローンの申し込みを考えている人はたくさんいると思いますが、初めてカードローンの審査を受けるという人は審査に通ってお金を借りることが出来るか不安な人も多いでしょう。

なかには初めて審査を受けるけど、自分はいい職業にも就いていて年収もそれなりにあるから審査は問題なく通ることができるだろうと思っている人もいるかもしれませんね。

カードローンの審査では職業や年収などの様々な属性をチェックして審査が行われますが、属性が高評価であれば、必ず審査に通ることが出来るのかというとそういうわけではありません。カードローンの審査は属性だけではなく、申込者の性格も考慮されるものなのです。

[PR] 急にお金が必要な方は即日対応カードローン!

たしかに審査では申込者が安定した収入があり、返済能力があるのかというのは非常に重要視されますし、属性が審査に大きく影響することは間違いありません。

しかし、返済能力がいくらあっても、その人の性格に問題があればお金を貸すことは出来ません。性格に問題があれば、返済するのを忘れたり、万が一払えなくなってしまったら踏み倒しをする可能性もあります。

そこで、業者はいろんなことでその人の性格を判断しようとします。電話のやりとりするときの態度や、申込書に書いている字の丁寧さや正確さなどちょっとしたところから申込者が信頼できる人間であるかというのを判断しようとしているのです。

よって、申し込みをする時はそういった点もチェックされているということを頭に入れておく必要があると思います。

属性をごまかすとどうなるのか

カードローンの申し込みを行うと審査に通るかどうか不安になると思います。審査では申し込みの際に記入する年収や職業などの属性をチェックされて審査が行われることになります。

年収が低かったり、他社から既に借り入れがあるという人など審査に通る自信がないという人のなかには、その属性をごまかすことはできないだろうかと考える人もひょっとするといるかもしれません。

カードローンの審査で属性をごまかすと、ほとんどのケースでばれてしまうことになるので、絶対にやめておくべきです。特に他社から借り入れしている場合、借り入れ件数や借入額をごまかそうとすると確実にばれてしまいます。

カードローンの審査を行う際に、業者は個人信用情報というものを確認して審査を行います。その個人信用情報には申込者のこれまでの借り入れ状況などが全て記載されているのです。

よって、他社から借りていることなんてばれるはずがないだろうと思ってごまかそうとしても必ずばれてしまうのです。もしごまかしているのがばれてしまったら、本当のことを申告していたら審査に通っていた場合であっても、必ず審査に落ちてしまいます。

業者側からすれば、お金を貸すかどうかという時に借りる人が嘘をつく人であるということが分かれば、そんな信頼することが出来ない人にお金は貸せませんよね。業者はこれまで数え切れないほどの審査を行ってきていて、そういった嘘の申告を見破るプロであるということを頭にいれておきましょう。

固定電話があると審査に有利になるのか

これからカードローンを利用しようと考えている人のなかには固定電話をもっていると審査に有利になるということを聞いたことがあるという人もいると思います。

自分は固定電話を持っていなくて携帯電話のみだという人であれば、固定電話はないけど審査に影響してしまうのかという不安がある人もいると思います。

たしかにひと昔前まではカードローンの審査では固定電話をもっている方が自宅に直接連絡をすることが出来るということで、信頼度も上がり評価が高くなっていました。

しかし現在では、固定電話をもっているという家庭も減少してきて、携帯電話だけ持っているという人の方が多くなってきているため、その評価も変わってきています。

まず、固定電話だけしかもっていないという場合は、緊急の時の連絡がつきにくいということで、携帯電話のみという人よりも評価が多少下がってしまうようです。

そして固定電話も携帯電話も持っているという人であれば、携帯電話の人よりも多少評価が上がると言われています。よって、一昔前のように固定電話は審査に有利というのは現在のカードローンの審査ではなくなっているということになります。

また、固定電話のみや携帯電話のみだからというのが原因となって審査に落ちてしまうことはほとんどないと考えてよいでしょう。固定電話か携帯電話かというのは、審査に多少影響はあるかもしれないが参考程度であるという認識で良いと思います。

住居と審査の関係について

カードローンの審査ではいろいろな点が考慮されるということはご存知の人も多いと思います。カードローンの際にいろんな項目を記入することになりますが、住居や居住年数の記入があると思います。

 

これらは審査に何か影響するものなのかという疑問をもっている人もいると思います。

結論から言うと、カードローンの審査に住居や居住年数は多少影響する程度と考えて良いと思います。まず、住居ですが持ち家か賃貸かということが多少影響します。

持ち家の方が賃貸よりもお金を払えなくなって逃げられる可能性が低いということで、若干評価が高くなると言われています。また居住年数も同じところに長く住んでいる場合、若干評価が高くなるようです。

基準としては1年以上住んでいるかどうかというのを基準とするところが多いようで、3年以上住んでいると長く住んでいると判断されるようです。逆に居住年数が短く、引っ越しを転々としているという人は、お金が返せなくなったときに引っ越しをして逃げられるのではないかということで、評価が若干下がるようです。

しかし、この住居や居住年数だけが理由で審査に通らなくなってしまうということはないと思います。あるとすれば利用限度額が多少下がることがあるくらいではないでしょうか。

しかし、住居や居住年数も審査の際には多少参考されるということは、これからカードローンを利用するのであれば、知っておいても良いでしょう。

年齢は審査に影響するのか

カードローンの申し込みをする際に、いろいろな項目を記入することになりますが、年齢も必ず記入することになると思います。

カードローンの利用には年齢制限があるので、それを満たしていれば申し込めるということになりますが、年齢はその確認のためだけに記入するわけではなく、審査にも影響を及ぼします。

年収や職業などと比較するとそこまでは重要な影響を与えるものではありませんが、これからカードローンの利用を考えている人は年齢によってどのような影響を審査に及ぼすのかということを知っておくと良いでしょう。

まず20代ですが、勤続年数があまりに短かったり、年収が少なすぎたりというケースではない限りは年齢による影響はほとんどないといわれているようです。

30代になってくると一般的には20代よりも年収も上がるので評価も上がる傾向にありますが、結婚をして家族をもっていると、独身の人よりも自由に使えるお金が限られてくるので、年収が少ない場合は多少評価が下がることもあるようです。

40代になるとクレジットカードやローンなどの利用実績がよりチェックされるようになります。

これまで利用してきちんと返済していれば評価は高くなりますが、これまで全く利用したことがないという人は、この年齢まで利用したことがなかったのに、急に申し込みをするということは、何か問題があるのではないかという判断をされてしまい審査が厳しめになるケースもあるようです。

勤続年数が審査で重要視される理由とは

初めてカードローンを利用する人は、審査に通るかどうか気になるところだと思います。

即日カードローンの審査に通ることが出来なければお金を借りることはできないので、審査に通るかどうか不安になるのは当然のことだと思います。

即日カードローンに申し込むといろいろな個人情報を記入することになり、その記入した内容で審査されることは想像できると思いますが、どのような項目がより重要視されるのかは気になる人も多いと思います。

年収や職業などは収入に直結するものなので重要な審査項目になるのは誰もが想像出来ると思いますが、勤続年数も非常に重要な項目となるのを皆さんはご存知でしょうか。

勤続年数が重要視される理由は、審査では安定した収入があるのかどうかということを非常に重要視されるからです。勤続年数によって安定しているかどうかを判断しているわけです。

極端な例を挙げてみると、同じ職場で10年以上働いている人と働き始めてまだ3日目だという人とでは、どちらが辞める可能性が高いかというと3日目の人が辞める可能性が高いのは明らかだと思います。

よって勤続年数が短い人の場合は安定した収入があるという点ではマイナスとなってしまい審査では不利になってしまうのです。このことを知っておかなければ、収入がちゃんとあるのにどうして審査に通らなかったのだろうということになってしまいます。

審査では収入の高さよりも安定した収入であるのかということが重視されるということを知っておくとよいでしょう。

審査で重要視される安定した収入とは

即日カードローンを利用してお金を借りたいという人は、早くお金を借りる必要があるという人がほとんどだと思います。それなのに即日カードローンの審査に落ちてしまって借りることが出来なくなってしまったとなってしまっては困りますよね。

そこで、これからカードローンを申し込むという人は審査に通ることが出来るのか不安な人も多いと思います。

でも、審査ではどのような点が重視されて審査されるのだろうという疑問をもっている人も多いと思います。年収がいくら以上とか、この職業は審査が通らないなど条件があるのだろうかと思っている人もいるでしょう。

カードローンの審査では、安定した収入があるのかどうかということを重要視して審査が行われます。審査では収入の高さが重要視されるというイメージを持っていた人も多いのではないでしょうか。

安定した収入と言われるとわかりにくいと思いますが、例えば、職業では自営業よりも公務員などの方が収入も安定した職業と評価され審査に有利になります。

また、同じくらいの収入であっても正社員の方が契約社員や派遣社員の方が安定していると高く評価されますし、パートやアルバイトだと評価が低くなってしまいます。

しかし、パートやアルバイトであっても長い期間働いている人は安定した収入と評価されるので低収入であっても審査に通る可能性はじゅうぶんにあります。

よって、申し込みをする際には、自分には安定した収入があるのかということを考えれば、審査に通りやすい人であるかどうかをある程度推測することができます。

職業で重要視される点とは

これから即日カードローンを利用しようと考えている人も多いと思いますが、ちゃんと審査に通ることが出来るのか気になるところだと思います。申し込みの際にいろんな項目を記入することになりますが、それらを元に審査が行われていきます。

これから即日カードローンを申し込むという人にとってはどのような項目が特に注目され、どのような評価をされるのか気になるところだと思います。

まず、重要な項目となるのが職業です。職業では安定した職業がどうかというのが大きなチェックポイントとなります。よって、自営業と公務員を比較した際に、仮に自営業の方が年収が高かったとしても公務員の方が安定した職業として高く評価されるケースがあるのです。

とはいえ、年収も非常に重要な項目といえるでしょう。もちろん年収の高い方が審査に通過しやすくなりますし、限度額も高くなる可能性が高くなります。また勤続年数も非常に重要な属性です。

即日カードローンを利用したことがない人にとっては、勤続年数が審査で重視されるというのは意外だと思う人も多いかもしれませんね。

しかし、先ほど説明したように、審査では安定した収入かどうかというのが非常に大切なポイントとなるので、その職場で働き始めたばかりという人の場合はいくら年収が高い場合であっても、安定性に欠けると判断されてしまうのです。

逆に年収が少ない場合であっても、勤続年数が長い場合は審査に通過する可能性はじゅうぶんにあります。

即日カードローンの審査の属性とは何か

即日カードローンを利用するのであれば、審査に通過しなければなりません即日カードローンの審査はいろんな属性をチェックして行われます。

属性というのは、職業や年収、勤続年数など、申し込みの際に記入することになる項目のことです。実際に申し込みをしてみるといろいろな属性を記入することになるので、こんなにたくさん記入しなければならないのかと驚く人も出てくるでしょう。

しかし、業者は会ったこともない人にお金を融資するわけですし、きちんと利息を含めて返済してもらうことでようやく利益となるわけなので、申し込みをしてきた人が本当に返済する能力があるのかということや、信頼できる人物であるのかというのはしっかりと見極める必要があるのです。

なかには申込者からすると、この属性は審査に関係ないのではないかという属性もあると思いますが、どの属性も審査に影響を与えるものです。例えば、固定電話と携帯電話を記入することになると思いますが、この属性も単に連絡先を記入しているわけではなく、固定電話も持っているかどうかによって審査の評価が変わってくるのです。

固定電話もあって携帯電話も持っているという人の方が、最も評価が高く、次に常に連絡が取りやすい携帯電話のみが評価が高く、固定電話のみの場合は評価が低くなります。

また未婚か既婚かも審査に影響して、既婚者の方が未婚者よりも評価が高くなります。このように一見審査とは関係なさそうな属性も審査に影響しているのです。

即日カードローンは早めの申し込みが基本

突然、本日中にお金が必要になるということは珍しくありません。不思議なことに、給料日前などお金がないときに限ってそういったことは起こるものですよね。

そのような場合に即日カードローンを利用することを考える人も多いと思います。初めて即日カードローンを利用する人もいると思いますが、申し込みはとにかく早めに申し込むことが基本であることを知っておくべきだと思います。

何故なら、申し込むタイミングが遅れてしまうと即日に融資を受けることが出来ないケースもあるからです。「即日」というくらいだから申し込んだらその日に確実にお金を借りることが出来るだろうと思っている人は注意が必要です。

即日に融資を受けるためには業者によって条件があり、業者が指定する時間までに手続きを終える必要があります。

「審査最短30分」という広告などもよく見かけますが、それはあくまで「最短」なので、審査自体は30分であっても申し込みが混雑していて審査が開始する時間がずれ込んでしまうこともありますし、申し込み内容や提出した書類に不備がある場合は審査時間に時間がかかってしまいます。

よって、確実に即日融資を受けるためには午前中に申し込みをすることをおすすめします。

また、申し込みの際の記入を間違えると審査に余計な時間がかかってしまうので、記入する際には慌てずに間違えないように気をつける必要があります。提出する前には見直しをして、提出するように気を付けましょう。